カラコン付けて、可愛くなって、自撮りしたい!

fd8b976cd96d1a4218e5b200ca0a5013

最近は、自撮り棒ができて自撮りが簡単にキレイに撮れるようになりました。

 

スマホのカメラも高解像度で色々な自撮りアプリが提供されています。目を強調するアプリもありますが、

 

私の使っているアプリが良くないのか?アニメチックな写真になってしまう。そうなると自前でなんとかしなければ!

 

そこで気になったのが、カラコンです。BLACK系のカラコンなら、黒目(瞳)が大きく見えるし、色々なカラーでオシャレもできる。

 

 

でも、気になるのが、一時ニュースでも取り上げられたカラコンが目に良くない危険だと言うことです。

ニュースに取り上げられる程、本当に危険なの?

色々調べてみると、カラコン自体が危険・トラブルが多いとされているのは、台湾製や韓国製のようです。

 

台湾や韓国はコンタクトレンズの技術において、性能の良いレンズを作る技術が劣っていると思われ、コンタクトレンズの技術が進んでいる欧米で作られたカラーコンタクトを使用したほうがリクスが少ないといえるでしょう。

 

もちろん、ゼロではありませんが・・・

 

どんなトラブルがあるの?

 

カラーコンタクトにより目のトラブルが続出していますが、ほとんどが若い女性で15歳~29歳が全体の約9割近くとなっているようです。

 

【カラコン使用による被害例】

 

  • 慢性の酸素不足による角膜浮腫
  • つけたまま寝てしまうと角膜炎を起こす確率が高い
  • 粗悪なカラコンで色素が溶け出し、最悪のケースで失明も
  • 色素プリントによるアレルギー性結膜炎を引き起こす
  • 8時間使用で角膜上皮障害(眼球の傷)、結膜上皮障害(しろめの部分の傷)、輪部充血(充血)を引き起こすものがある
  • 視力低下(0.1以下になることも)

トラブルの原因と購入時の注意事項

通常のコンタクトレンズの場合は眼科医で診察を受けてから購入するので、安心して使用できるのですが、

 

それでも目の状態は人それぞれなので、出来上がったレンズが微妙に合わないことも多々あります。

 

カーブの具合とかも度の進んでいる人はきついですからね。

 

カラーコンタクトは酸素透過性が低く、長時間使用することにより、角膜に酸素欠乏が生じます。

 

ワンデータイプならいいですが、手入れの必要なタイプのコンタクトレンズを使用している場合、

 

手入れを怠ったり、付けたまま寝たりすると角膜炎や感染症、充血など、さまざまなリスクがあることが多いのです。

 

 

【カラーコンタクトを購入する時の注意点】

 

  • 高度医療機器販売許可を受けているサイトで購入する
  • 医療機器商品番号を国からもらっているものを選ぶ
  • 眼科医の診察を受けた上で購入する
  • 初めての使用ならワンデータイプ(1日使い捨て)を選ぶ

 

【購入後の注意点】

 

  • 使う前にキチンとレンズをキズなどないかチェックして使う
  • 試用期間・装着時間を守る
  • カラコンを2枚、あるいは普通のコンタクトレンズと一緒に重ねて使うことは絶対にしない
  • ワンデー以外はきちんと使用後に手入れする
  • 目の違和感を感じたら、すぐに眼科を受診する

カラコンを安全に購入する

一番安心して使用できるのは眼科医で診察を受けてから、カラーコンタクトレンズを購入することですが。

 

普段メガネ・コンタクトを必要としない人は、眼科医で診察を受けるのは面倒くさいと思うでしょう。

 

そこでカラコンを扱っているお勧め通販サイトをいくつか紹介します。

 

 

 

【国内正規品】コンタクトレンズが【全商品処方箋なし】で買える『アットスタイ ル』

 

 

安心・便利なコンタクトレンズ通販『レンズアップ』

 

 

国内最大級の品揃えで業界最安の『~サンシティ San City~』

 

 

ナチュラルカラーコンタクト専門店『美Labo』

 

 

バリエーションが豊富なカラコン専門店(但し、台湾・韓国製)『eye to eye』

 

 

 

ほとんどのサイトが【処方箋なし】で購入可能のようですが、トラブルにならない為にも購入後のアフターケアをシッカリしてください!