figure05

SIMとは


Subscriber Identity Module(サブスクライバー・アイデンティティ・モジュール)の略で日本語にすると【加入者識別規格】となります。

また一般的にSIMと言われるのは「SIMカード」の事を指します。(上図のようにサイズによって3種類あります。)

通信サービスを提供する会社が発行する「契約者(加入者)情報を記録したICカード」は携帯電話機に差し込んで利用者の識別に使います。

このSIMカードは小さなICチップになっており、それぞれが固有の識別番号をもっています。

通信事業社と契約する際に付与される電話番号がこのSIMカードが持つ固有の番号と紐付けられる事により、通信が可能となるのです。


「SIMロック」と「SIMフリー」

○SIMロックとは?
・簡単にお伝えすると
 

 「購入をした携帯端末と
  同じキャリアのSIMカードでないと利用ができないようにする制限の事」

 

○SIMフリーとは?
・先程のSIMロックとは反対に
 「購入をした携帯端末と
  異なるキャリアのSIMカードであっても利用することができる状態の事」
           ※キャリア(docomo、SoftBank、auなどを指します)

 

※つまり「SIMロック」「SIMフリー」とは
「携帯端末」に対して使われる言葉となります。

 

 例)iPhone

・キャリアショップで販売しているiPhone・・・「SIMロック版iPhone」
・Apple Store などで販売しているiPhone・・・「SIMフリー版iPhone」


自分に合ったプラン選びが大事!

安SIMに変更しようと思っているユーザーが求めるものとしては、
月額の利用料金を安くすることにあります。

 

月額費用を安くするためには、
利用者が自分自身でスマホ料金の何にお金がかかっているのかを把握し、
適切なプランを選択することが大切です。

 

例えば

  • 動画を見ることが多い人。
  • SNSでの利用でしか使わない人。
  • 家ではWi-Fi環境で外出先でしか使わない人。

などなど

 

その人の使用頻度や使用方法で大きくプランが異なり、
且つ最適なプランニングをすることが安くする最大のポイントとなります。

 

ちなみにある調査によれば、
約61%のユーザーが3GB以下の通信量に収まるということがわかっていますので、
3GBを選択する人が多いのではないかと思います。


 
激安SIMで激安スマホにする方法とは?

  1. 自分のスマホのSIMカードのサイズチェック
  2. 自分のスマホの状態チェック(SIMフリーかSIMロックか)※通常、携帯ショップで買ったものはSIMロック状態です。
  3. 自分のスマホの使用状況によりプランを決める。